スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
メーカー探し2
普通、展示場を訪れたら、アンケートや住所・名前を書かされますよね?

なかったんですよ。その展示場には。

売る気がないのか?売れすぎてるから営業する必要がないのか?

それともやっぱりお金持ってなさそうだから相手にされてないのか?(泣)
たしかにこのうち高そうです。il||li _| ̄|○ il||li マケタ

私はこの変わった展示場を結構気に入ったのですが、オットはそうでもない様子。
「さっさと行くぞ~」と、もう展示場から出ていっています。ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

結局、メーカー名もよくわからないままその展示場を後にしました。


それから何カ月か後のこと、近所で構造見学会があると、新聞の広告で知りました。
全く知らないメーカーです。

完成イラストがとてもきれいで興味をそそられました。
私たちの望んでいるテイストではありませんでしたが、すごく雰囲気の良い家です。

実際、後日完成したその家に行ったのですが、まさに洋書のような世界がありました。
現実にこの日本でそんな生活している人がいるのかと驚きました。

話を聞いてみるとその会社は断熱、構造共にとてもこだわりを持っていて、
いい家を建てようとする妥協のない姿勢に好感が持てました。

今まで施工した物件の写真も見せて頂きましたが、どれも外国の家をそのまま持ってきたような
とても素敵なおうちばかりです。
そしてその中に、あのやる気のない展示場もありました。

まさかこんなところで再会するとは思ってもいませんでしたが、これも何かの縁?

(この会社、あんまり積極的に自社を売り出していないみたいなんです。
たまにオープンハウスがあれば新聞広告に出すくらい。
年間に建てる物件の数も決まっているみたいで、一つ一つの物件に対してとても丁寧に対応しています。
だから展示場に行っても連絡先も書かせなかったのでしょうか。
おまけにもう、あの展示場も取り壊されてなくなったんですよ。)

この会社ならわくわくするような家作りができるかもしれないけど・・・
・・・あきらかに高そうです。

すると、低価格の家も建てられるというのです。
そこで見せて頂いた写真には、かわいらしい南欧なおうちが!
しかも木製輸入窓やパインの無垢材の床、キッチンは造作など、ポイントはしっかり押さえています。

おお~!いいじゃないですか!期待が持てます!
私たちはこの会社に図面と見積もりをお願いしました。


(つづく)
スポンサーサイト
【2008/06/11 10:27】 メーカー探し | トラックバック(0) | コメント(0) |
メーカー探し
家が建てられるようになるまで2年間、私たちは家を建ててくれるメーカーを探していました。

やっぱり家を建てるといえばハウジングセンターよね!と、
近隣から攻めていき、結構遠くのハウジングセンターまで遠征しました。

とても広くてきれいで明るくて、豪華な家具がつまったおうちばかりです。
そしてどこのメーカーも他に負けない丈夫な家を建てられると言います。

それは素晴らしい!!
さっそく私たちは営業さんに希望をぶつけます。
予算はこれくらいで、南欧の田舎にあるようなかわいいおうちが欲しいんですっ!

でもなかなかしっくりくるものがでてきません。
外観からしてわくわくする感じがしないのです。
しかも希望をかなえようとすると予算をはるかに上回ります。

あれ~?なぜ~?
私たちはさまよいました。
東にオープンハウスがあると聞けば、行って熱心に見学し
西に建材工場見学会があれば、暴れん坊な娘連れでぐったり疲れ
南に建売の内覧会があれば、行って参考になるものはないかと探し
北に家づくり説明会なる講習会があれば、つまらないと駄々をこねる娘をなだめすかし参加する・・・

その過程でたくさんの人に出会いました。
とてもお世話になりましたが、契約までには至りませんでした。
良くして頂いた分、心苦しさが残ります。

ある時、輸入住宅ばかりが集まった展示場に足を運んだ際、変わったおうちがありました。
そのままスペイン辺りに建っていてもおかしくなさそうな、白い塗り壁のかわいい外観。
ずいぶん前に建てられたような、なじんだような自然な感じがします。
その時は冬だったのですが、中に入るとほっこりやわらかな温かさ。。。なんと暖炉があります。
中は広くはありません。柄物の布や、大きめの家具が使われていてむしろ狭い感じもします。
日中なのに仄暗く、間接照明のオレンジ色の光がいい雰囲気で落ち着きます。
キッチンは木とタイルで作られたもので、システムキッチンばかり見てきた私には新鮮な驚きがありました。
置いてある雑貨一つとってみても、暖かみがあります。

こんな家が本当にあるんだ~と、ちょっとしたカルチャーショックです。
とても素敵なのですが、現実的ではないなと感じました。
洋書に載ってるようなおうちは、あくまで夢の中の世界にあるものだと思っていたのです。
                  
                                                        (つづく)
【2008/06/10 16:43】 メーカー探し | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。