スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
外壁塗装完了!内部塗装もだいぶできました!
どうやら引き渡しは月末になりそうです。

早めにカーテン決めなくっちゃ!(>▽<;;


おうちの方の進行具合といえば、やっと外壁塗装が完了しました~。

よく見ると自然なコテの跡が付いていて、大満足の仕上がりです!!

中の方はこちら↓
DSCF6442.jpg
薄いクリーム色のデュブロンで塗りました!

真っ白なオガファーザーの壁のときは部屋の明るさが青みがかったような感じでしたが、クリーム色になるとやわらかな明るさに変わりました。


DSCF6399.jpg
手前が無塗装で、奥が塗った後です。

え?まだわかりにくい?


DSCF6400.jpg
左が無塗装。右が塗装後。

なんだか無塗装の方は寂しく見えちゃいます。

2階の部屋の中は無塗装で引き渡しなので、なんとか自分たちで塗りたいです!


DSCF6460.jpg
シャーウィンとHipの色見本も借りましたよ~。




どうなることやら・・・(^^;
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
スポンサーサイト
【2008/10/07 16:26】 塗装工事 | トラックバック(0) | コメント(4) |
悩む!廻縁の色!
床・巾木・廻縁・窓枠・付け梁の色の打ち合わせをしました。

使うのはドイツのLivos(リボス)社KALDET(カルデット)という自然健康塗料です。

以前、「床と壁の塗装は自分たちでやるつもり」と書きましたが、

2階の部屋の壁以外はメーカーさんにやってもらうことになりました。

「どうしてもメーカー側に任せてもらいたい!」と申し出があったのです。

まぁ素人がやると養生は大変だし、仕上がりも汚くなっちゃいますよね…。

そのかわり(?)、すっごくサービスしてもらいました♪(●´艸`)ウシシ

DSCF5903.jpg
好みに合わせて職人さんがその場で色を調合して下さいます。


DSCF5906.jpg
素敵な色に出来上がりました♪

同じ色ですけど、上がパイン材の見本。
下がベイツガの色見本です。
ベイツガの方がオイルの吸収がいいので濃くなります。

キッチンの面材も同じ色で塗ってもらいます♪


DSCF5931.jpg
階段下収納の扉の枠が塗られました。

すっごくいいです♪イメージにピッタリ♪


DSCF5937.jpg
同じ色で付け梁も塗られていきます。

少し薄付きで塗られ始めたので、もう少し濃いめに塗ってもらえるようお願いしました。

いい感じです(〃゚ー゚〃)ウンウン☆




結局決まらなかったこともあります。

それは廻縁の色

廻縁とは壁と天井の境に付くモールのことです。


私は「絶対 白!」o(>ω<)o

インテリアコーディネーターのFさんは「いやいや、床と同じ色の方が…!」(`・д・´)

まず色で意見が分かれました。

「白」といってもまたいろいろあります。

DSCF5912.jpg
左の画像の上の方がツヤ無しペンキで塗ったモール。

下がオイルで白く塗ったモール。

う~~~ん…どっちがいいのかな?


ペンキの方は木目は消えてしまいますが、すっきりと見えてきれいです。

オイルの方は木目が見えていて素敵ですが、薄い肌色に見えるかも。

オイルで塗れば、気に入らなければ後でペンキで塗り替えることはできますが、

ペンキで塗ったものをオイルで塗り替えるのは難しいです。

DSCF5946.jpg
枠と同じ色? 白?

オイル? ペンキ?


どっちかな~?
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
【2008/09/22 18:19】 塗装工事 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。